• ホーム
  • 発展途上国とヘルペスそして胃との関係

発展途上国とヘルペスそして胃との関係

2019年12月02日

発展途上国になると、日本と比較すると衛生状態の悪化からヘルペスの感染率が小児から高い傾向があります。
ヘルペスと聞くと性病感染の一種と聞こえ、小児のころから発展途上国の子供たちは感染するというと、変な想像をしてしまいがちですが、ヘルペスにも種類があります。
性行為によって感染するものと、日常生活を送るうえで感染するものがあります。
発展途上国の子供たちが感染するタイプはあくまでも後者になるでしょう。

ヘルペスは一度感染をしてしまうと、発症しないための工夫が求められます。
発症する契機は、免疫力が落ちた時やストレスが溜まった時などがあげられます。
また胃が荒れたときにヘルペスを発症しやすいという方もいます。
これも免疫力とストレスの関係から胃は切って離せない関係であり、風邪を引いたまたはストレスが溜まったときに胃に最初に来るという体質を持つ方もいますので、何も珍しいことがではありません。
大切なのは、自分のヘルペス発症の契機をして、如何にして防ぐかということです。

防ぐ方法は、免疫力を高める、ストレスを溜めないなどがあげられます。
しかし日常生活を送っているのであれば、それらを完璧に防ぐと言うのは難しいことでしょう。
もし発症しても慌てないで済むように、対処方法を事前に知っておくことも重要です。
対処方法は医薬品でヘルペスウイルスの増殖を抑える方法です。
この方法であれば、ひどくなるまえに対処することができ、あの不快感から解放されます。
多くの方がそのまま放置しておくと1週間から2週間ほどで改善することも多いですが、重症化すると性器であれば排尿時や、口唇であれば飲食が困難になり衰弱することもありますので注意してください。

関連記事
ヘルペスもエイズも性行為感染症で性病検査で確認

ヘルペスもエイズも同様に性行為感染症の一つであり、現在では専門の医療機関を利用しなくても、通信販売の性病検査キットで感染の確認が出来ます。ヘルペスは、ヒトヘルペスウイルスに感染する事で発症し、日本人の約70%~約80%が唇や歯肉、角膜に症状が発現する単純ヘルペスウイルス1型に感染し、日本人の約2%~...

2019年10月28日
ヘルペス脳炎による発熱と薬剤による血小板減少

ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルスに感染することによって引き起こされる病気であり、一般的には、感染のあった部位に水ぶくれの小さなものが数多くでき、ずきずきとするような痛みがあったり、かゆみがあったりという症状がみられるものです。感染した部位によって、くちびる、鼻の下、口の中などを中心とした口唇...

2019年09月27日
コイヘルペスウイルス病とは

コイヘルペスウイルス病とは、コイヘルペスウイルスを原因とするコイの病気です。1988年にイスラエルで初めて確認され、当初はニシキゴイのみに感染するウイルスと考えられていました。その後、マゴイなどにも発生する事が判明しました。同じコイ目コイ科のフナや金魚には感染せず、コイのみに限定して感染するウィルス...

2019年09月07日
感染しやすい口唇ヘルペス

口唇ヘルペスは感染しやすいと言われており、感染者は他の人に感染させないように対策をとることが重要です。口唇ヘルペスは一番多いのは家族間での感染です。人と人との接触で感染し、キスや頬ずりなどの直接的な感染のほかに、感染者が使ったコップやタオルなどを介しても感染します。口唇ヘルペスでは水疱ができていると...

2019年08月19日