• ホーム
  • ヘルペスもエイズも性行為感染症で性病検査で確認

ヘルペスもエイズも性行為感染症で性病検査で確認

2019年10月28日
手で持たれるカプセルと木のスプーン

ヘルペスもエイズも同様に性行為感染症の一つであり、現在では専門の医療機関を利用しなくても、通信販売の性病検査キットで感染の確認が出来ます。
ヘルペスは、ヒトヘルペスウイルスに感染する事で発症し、日本人の約70%~約80%が唇や歯肉、角膜に症状が発現する単純ヘルペスウイルス1型に感染し、日本人の約2%~約10%が性器に症状が発現する2型に感染しているとされ、現在では若年層の感染患者の増加率が非常に高くなっています。
原因としては、エイズの流行によりコンドームの装着率が上昇し、通常のセックスによるヘルペスの感染は減少していますが、性行為感染症に対する知識不足により、コンドームを装着しないオーラルセックスにより2型に感染するケースが増えています。

性器ヘルペスは、無症状や非常に軽微な症状が多くほとんどの感染者が感染に気付かないまま性行為を重ねる事が多く、複数の水疱や性器潰瘍、全身痛などの症状が発症して気付きます。
しかし、水泡や潰瘍は性行為により潰れやすく、潰れる事によりエイズや淋病などの性行為感染症に感染し易くなるので、尿や血液による性病検査を定期的にするべきです。
エイズは、ヒト免疫不全ウイルスによって免疫細胞が破壊される事により、数年~15年以内に免疫不全症候群を発症する性行為感染症ですが、ヒト免疫不全ウイルスへの感染がエイズを発症した訳ではない事を認識する必要があります。
エイズの診断基準は、ヒト免疫不全ウイルスの感染者であり、厚生労働省が定める23の疾患の一つ又は複数を発症している患者をエイズとしています。
又、エイズは、簡易な性病検査だけで無く、専門の医療機関が行う核酸増幅検査や抗原検査、抗原抗体同時検査などにより、ヒト免疫不全ウイルスへの感染を早期に発見する事が出来、早期治療により発症を遅らせる事が出来ます。

関連記事
ヘルペス脳炎による発熱と薬剤による血小板減少

ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルスに感染することによって引き起こされる病気であり、一般的には、感染のあった部位に水ぶくれの小さなものが数多くでき、ずきずきとするような痛みがあったり、かゆみがあったりという症状がみられるものです。感染した部位によって、くちびる、鼻の下、口の中などを中心とした口唇...

2019年09月27日
コイヘルペスウイルス病とは

コイヘルペスウイルス病とは、コイヘルペスウイルスを原因とするコイの病気です。1988年にイスラエルで初めて確認され、当初はニシキゴイのみに感染するウイルスと考えられていました。その後、マゴイなどにも発生する事が判明しました。同じコイ目コイ科のフナや金魚には感染せず、コイのみに限定して感染するウィルス...

2019年09月07日
感染しやすい口唇ヘルペス

口唇ヘルペスは感染しやすいと言われており、感染者は他の人に感染させないように対策をとることが重要です。口唇ヘルペスは一番多いのは家族間での感染です。人と人との接触で感染し、キスや頬ずりなどの直接的な感染のほかに、感染者が使ったコップやタオルなどを介しても感染します。口唇ヘルペスでは水疱ができていると...

2019年08月19日